1、来店者数を増やして、売上を伸ばす為に「入店率」を上げよう

売上高=来店者数×客単価でしたね。

あなたが新しいお店を開拓しようという時、多くのお客様でにぎわっているお店と、ガラガラのお店と、どちらを選びますか?入ってみたいと思いますか?

やっぱり、にぎわっている方を選びたくなりますよね。
となると、繁盛しているお店は、お客様がお客様を呼び益々繁盛、
一方で、ガラガラのお店はと言うと、いつまでもガラガラという状況に陥ります。

となると、折角店先迄足を運んでくれた「潜在的なお客様」には、是非とも最初の一歩を踏み出していただきたいところですね。

その口開けのお客様が自然と集客のポイントになってくださいます。

ここで大切なことは、なるべく早くお客様に来店してもらう為に何をやるかということですね。

メニューボードや店内・スタッフの様子、お店のこだわり紹介などは実践されていますか?

例えば、ここにもう一押し「今すぐ使える限定クーポンを置く」はどうでしょうか?

クーポン利用で得られるサービスは、簡単なものでもかまいませんが「インパクト」のあるものが良いかもしれません。

このクーポンは、「店内に既にお客様がいて、にぎわっている状況を作り出す」と言うのが目的です。もちろん、クーポン利用のお客様に満足していただくことは大前提ですが、最初のお客様には、「売上効果」よりも「一日の集客効果」を期待して、精一杯のサービスをしてみてください。

「あの店の開店直後のクーポン、良いよね」となれば、早い時間からの集客に期待できます。

「誰もいないお店よりも、にぎわっているお店」の方が入り易いので、早い時間帯でお客様がいらっしゃると、その後も新規のお客様が入り易い状況が生まれループします。

それと、もう一つ、皆さん経験ありますよね。
「ピーク時間帯の怒涛の入店ラッシュ」
暇なお店よりも、忙しいお店の方が望ましいのは言うまでもありませんが、入店が集中すると、オーダーが集中して、提供が集中して、何から何まで集中してオペレーションに手を取られるようになっていまいます。

アイドルタイムからピークタイムへの切り替えも、なかなか骨の折れるものですよね。

ところが、常に入り続けていると「怒涛の入店ラッシュ」という事態にはなりにくいです。

アテンドにも余裕が持てます。
何よりも「あの席空いてるじゃないか!早く案内しろ!」とも言われませんし、「空席のある状態で、お客様を待たせる」という何とも言えない嫌な雰囲気にもなりません。

一日の来店数が同じであるならば、極端なアイドルタイムとピークタイムがあるよりも、アイドルタイムは無いけどピークタイムがあるくらいの方が良いでしょう。

スタッフもだらけることなく、常にある程度の緊張感を持ってお店の雰囲気作りに貢献してくれるはずです。

「クーポン」なんて大した効果ないし、ただでさえ売上下がっているのに、なんで割引なり、プラスαのサービスをする必要があるの?
と思われるかもしれませんが、早い時間帯での入店は、一日の売上を左右する大切なお客様だと思って、しっかり取り組んでみてください。

客単価3,000円のお店で、お客様が一日あたり3人増えたら・・・1日9,000円の売上が上がります。月25日営業なら225,000円の売上増です。12か月で270万の売上増ですね。

一朝一夕ではできませんが、「そんなの無理、無駄」といって何もしなければいつまで経っても売上は変わりませんし、寧ろ下がる可能性だってあります。
取り組んみて、気が付いたことがあったら、修正、検証、実践のサイクルがあなたのお店を繁盛に仕上げていってくれます。

 

グランドオープンしたからには、30年は続けてもらいます
自分の子供達と酒を酌み交わすお店創りをお手伝い
繁盛店開業支援マイスター、横浜の行政書士丸山